Inakalog
My Old House & Country Life
with My Husband
In Miyazaki
SHINHWA

【シナコン】20周年らしい、神話の歴史を感じれる21周年アニバーサリーコンサート!

f:id:tommysttul:20190423165754j:plain

こんにちは、トミヨです。

またシナペンの歴史を刻んできました。もう私自身もファン歴12年目であり、2019年も韓国最長寿アイドル神話のコンサートに無事に参加することができました!

今回は2019年4月20、21日にソウルで行われた「2019 SHINHWA 21st ANNIVERSARY CONCERT-CHAPTER 4」に行ってきましたので、その21周年アニバコンの感想を書きたいと思います。

ちなみ、前回まではこちらでまとめています♪

神話コンサートレポまとめ
【韓国アイドル】今まで参加した神話コンサートの感想記事をまとめてみました! こんにちは、トミヨです。 ご存じの方もいるかとは思いますが、私は韓国アイドル神話(신화)の大ファンです! こちらのブ...

20周年よりも20周年らしい21周年アニバコンでした!

f:id:tommysttul:20190423161552j:image

今回のコンサートを振り返るとこんな感じだったと思います。あくまでも私の視点ですけど。

◆今までの歴史を振り返ることができて楽しかった
◆VCRはファン泣かせ
◆いつもとは違うアレンジの曲も♪
◆ヘソンのモノマネにみんな爆笑w
◆ハトも一緒にコンサートを楽しむ?!
◆エリックがWild Eyesでヤラかした!
◆テロンテロンのスケスケ衣装にくぎ付け
◆ミヌが感極まっての嬉しき泣き

一つずつ見ていきます^^

ちょっとその前に今回の席は指定席とスタンディング席でした!

f:id:tommysttul:20190423141055j:image

1日目は13区域の前から7列目くらいだったと思います。花道の横に来てくれた時にはバッチリ近くで見れました。

ただ、今回は本ステージに動くスクリーンがありまして。(上写真のコンサートのマークがあるやつですね^^;;)

本ステージで歌っている時にはそのスクリーンの影にメンバーが隠れて見えないことも多々ありました(汗)また今回のコンサートは正面から見た時にステージと横のスクリーンとで綺麗にかっこよく見えるような演出になっていたので、横からだとそれが分かりづらかったですね^^

f:id:tommysttul:20190423141126j:image

2日目はF6区域のスタンディングでした。

私の肌感覚ですが、今回は花道でのステージが比較的に少なかったように感じました。本ステージが多かったです。

だからか、ずーーと首を伸ばして見ていたので、首や肩が痛くなりました^^;;

とは言え、やはりスタンディングの醍醐味は近くのステージに来た時のメンバーたちを間近で見れることであり、今回ももちろん近くに来た際には拝まさせていただきました(笑)

ということで早速、21周年アニバコンを振り返ってみたいと思います♪

今までの歴史を振り返ることができて楽しかった!

f:id:tommysttul:20190423161621j:image

21周年アニバーサリーコンサートのテーマは「Chapter4」でした。

Chapter4ってことは何かしらの区分がされているわけであり、その区分が以下にようになります。ちなみにこれはVCRとシナメンからの説明がありました^^

Chapter1⇒SM時代
Chapter2⇒Good Entertainment時代
Chapter3⇒Shinhwa Companyから20周年まで
Chapter4⇒Now

コンサートもVCRもこれに沿って進んでいきました!

ですので、最初のOP曲がなんと해결사/解決士。今までにない、ありそうでなかった選曲でした。影の薄いデビュー曲「해결사/解決士」。踊りはしませんでしたが、やはりデビュー曲だけあって、なんだか感慨深かったです。

そして今回のコンサートではなんと30曲も歌いました。メンバーも踊っては、バラードではダウンし、踊ってはダウンし・・・で大変だとも洩らしてましたね^^;;

今回のコンサートのセットリストはこちらに記載しています♪

shinwhakasi.hatenablog.com

 VCRはファン泣かせ

VCRは今までの振り返りながらのChapterごとのインタビュー映像でした!

ですので、韓国語ができない方はよく分からなかったかもしれません。が、内容はめっちゃファンを泣かせる内容でした!一応、覚えている限りを書きだしておきますが、DVDが出たらゆっくり見てください^^

<Chapter1のVCR>
◆一生懸命準備したのにデビュー曲はIMFで、後続曲では洪水で鳴かず飛ばず
◆2集は解散覚悟で出した
◆SMの事務所内でも解散が囁かれていた
◆2PMが獣アイドルと言われていたが、元祖は神話w
◆小道具(椅子)を使った曲も自分たちが元祖であり、後輩アイドルたちからもカバーされてる

<Chapter2のVCR>
◆メンバー全員で事務所出るという一度目の危機
◆危機を乗り越え、いつも惜しいところで手の届かなかった大賞を受賞
◆(ジニ曰く)もっと前に大賞が取れていたんだけどねぇ~w
◆エンディ―が大賞受賞時で泣いた

<Chapter3のVCR>
◆芸能界から遠ざかっていた自分たちを使ってくれる番組はあるのか?不安だった
◆ファンに待っててくれとお願いしたものの、負担は大きかった
◆4年ぶりのカムバックコンサートの時のことは今でも忘れられない
◆自分たちの会社を作ろうと思ったのは、流れでたまたま思いついた
◆「神話」という名前を勝ち取るのは大変だった
◆名前を勝ち取る長い闘いの始まりだった
◆名前を勝ち取ることは費用的なことなど色んなことで大変だったが、自分たちよりも喜んでくれるファンたちがいるから勝ち取れた

<Chapter4のVCR>
◆これから約束は簡単にはできない
◆人には何か起こるか分からないから。
◆(エリック)でも神話を第一に考える
◆(ヘソン)新メンバーの投入だけは絶対にしないw
◆(ミヌ)何も言わずに去ることだけはしない

その他にも色々ありました。昔のドラマとかCMもたくさん出てきたりました。面白いものたくさんありましたが、結構ファン泣かせが多かった気もします。

最後の<Chapter4のVCR>では、ファンから神話へ、神話からファンへの手紙でした。最長寿のファンクラブである神話創造もみんなそれぞれに色んな思いや思い出があるんですよね。

私も一緒にうるっと来てしまいました。

いつもとは違うアレンジの曲も♪

f:id:tommysttul:20190423161700j:image

一番印象的だったのは「별/ビョル」でした。

ドンワンのアカペラから始まったんですよ!最初は何の曲?なんて思ったりもしたんですが、やはり鳥肌ものでした!そして「별/ビョル」ではファンたちがスマホのライトをつけて、本当に星が輝いているような感じでとっても綺麗でした!上の写真ではありません笑

他にも「I Pray 4 U」とか「ウッシャウッシャ」「Kiss Me Like That」とかも違うアレンジされていたので、新鮮な感じがしました。

ヘソンのモノマネにみんな爆笑w

1日目のMCの時にいきなり、ヘソンがエンディのマネをしました。

活動休止前のコンサートでエンディが泣きながら、

「10年、20年、40年・・・死ぬまで活動したい」みたいな話をするんですが、その部分をヘソンがマネして爆笑でした。

このエンディのコメントはみんな泣いてしまう場面なのですが、これからは泣きそうになりつつも、ヘソンのマネを思い出して笑っちゃう場面になりそうです^^

ハトも一緒にコンサートを楽しむ?!

まさかのハトも一緒にコンサートを楽しんでました^^

リハーサルの時からハトが2匹いたそうで、1日目はおとなしくしていたような気がするんですが、2日目は活発に飛んでらっしゃいまして・・・

2日目にはついに本ステージにまで登場し、ヘソンは歌いながら目の前にハトがいて、自分の方にくるんじゃないかとドキドキしていたそうです。ドキドキしつつ目をつぶって歌ったら、いつの間にかいなくなっていたと。

ヘソンが目をつぶっている間になんとハトはヘソンの後ろで飛び立っていましたw
DVDにしっかり写っていると思います。ヘソンのソロパートの時だったので。

なのでもちろんハトがMCの話題になりました。ハトという文字で文章を作り始めたりもしました。覚えているのはエリックの文章で「あー知らない!!」って言いながら投げやりに以下のように文章を作ってました。

비:비둘기(ハト)
둘:둘둘치킨(トゥルトゥルチキン←チキン店の名前)
기:기름(油)

なんだこれw

エリックがWild Eyesでヤラかした!

f:id:tommysttul:20190423162849j:image

多分、みんな今回のコンサートで一番になるくらい印象的だったと思います!

「Wild Eyes」では最後にエリックがラップパートで真ん中に行くんですが、勘違いして早くやり過ぎました。それに気づいたミヌがエリックを引っ張って戻り、一応は何事もなく踊り切りました。

が、ヘソンは笑いをこらえるの必死で、顔に出てましたね^^

その後のMCでは、エリックはその時のことを「一瞬何が起こったか分からず、そのあとは魂抜けてた。Wild Eyesを歌うコンサートの前はいつも眠れない。いつかヤラかすんじゃないかと思っていたが今日がその日だった」と語っておりました。

ヘソンも「いきなり自分のパートの部分でエリックが来て驚いた。エリックが欲を出して歌いに来たのかと思った。」と言っていたと思います。

ミヌも「コンサートじゃなければ、髪の毛を引っ張って連れ戻していた。コンサートだから服で済んだw」といいながら、そこで

ドンワンが「これがみなさんのおかげですw」

と言ってエリックをからかってました。Wild Eyesに関してはエリックが一番前にずっといるダンスフォーメーションなので、メンバーの踊りをカンニングすることができずに緊張すると以前話してましたね^^

これもまたコンサートならではなので、ファンとしてはミスしてもレア映像なのでめっちゃ嬉しかったです♪

テロンテロンのスケスケ衣装にくぎ付け

コンサート終盤くらいでテロンテロンの衣装となり、衣装が汗で濡れて、見えてましたアレがw

もう見えるものと言えば、〇首しかありません^^;;
特にドンワンが両方、エリックとヘソンは片方が見えていたと思います。

私はそこしか見てませんでした^^;;しかも初披露した曲「Level」もこのテロンテロンのスケスケ衣装だったのですが、ダンスで手を挙げて踊る部分もあって、そこではもう・・・ですよね(笑)

ぜひDVDでお楽しみください^^編集で〇首だけ消されたりしてw

ミヌが感極まっての嬉しき泣き

f:id:tommysttul:20190423161736j:image

2日目、すべてのステージが終わった途端に、ミヌがいきなり号泣しました。

本人曰く、「嬉し泣き」と言ってました。こんなにファンに囲まれて楽しくコンサートすることができて嬉しかったという意味だったと思います。

ただ、私が見ていた中では最後の方、ミヌが足を引きづっていた感じもあったし、もしかしたらエリックのハチャメチャなステージに、ミヌ自身もダンスを間違えたって言ってたこともあって、もしかしたらミヌが思うようにコンサートがうまく行ってなかったのかもしれません。

ミヌ自身も2日目のMCで「今日は暑さにバテててる」みたいな発言もちょこちょこありましたし。さらには新しく振り付けをした曲もあって、「アメリカでロケしながら心配していた」とも言っていました。

そんな中でも会場にいるファンはみんな楽しんでいるし、無事にコンサートが終了したことに安堵した涙だったのではないかと私自身は感じました。

とにもかくにもみんなが満足できたコンサートでよかったと私自身も思っています♪

まとめ:私のシナペン歴も新たなChapterに入ります!

ご存じかとは思いますが、私の韓国生活も幕を閉じます。21周年コンサートは韓国最後で平成最後のコンサートでした。

神話の4年ぶりのカムバックとともに幕をあけた私の韓国でのシナ活動も、次からはまた日本でのシナ活動になります^^

また私のシナペンの歴史も新たなChapterへ突入です!次のChapterも楽しみです♪