Inakalog
My Old House & Country Life
with My Husband
In Miyazaki
日本のVIZA

【日本ビザ】日本での無収入・無職で配偶者ビザの許可がおりたそのワケは?

こんにちは、トミヨ(@tommys_ttul)です。

日本での仕事・収入がありませんでしたが、日本の配偶者ビザを取得することができました。

【日本ビザ】配偶者ビザの申請から取得までの日数や提出した書類を書いておきます! こんにちは、トミヨ(@tommys_ttul)です。 つい数時間前にビザの問い合わせしたのに、結果が来て、 無事にビザが...

基本的には、日本人配偶者が日本で仕事・収入があり、外国人配偶者のビザを申請するという方法が一般的かと思います。

しかし、私も外国人旦那も日本での収入、仕事、さらには採用予定までもないまま配偶者ビザを申請しました。

海外に住んだままの申請のため、そうなりました。

上記を再度記載します。

  1. 配偶者ビザ審査の日数期間は申請した時期と場所と書類の書き方によって違う?
  2. 海外に住んだままでもビザ申請可能なのか?
  3. 海外在住のままの保証人はどうする?
  4. ビザ申請における収入
  5. 追加で請求された書類や質問は?
  6. 質問書の中にある「結婚までの経緯」についての書き方は?

そこで今回の記事では上記の疑問点の中の4,5番目「ビザ申請における収入と追加書類」について書こうと思います。

【こんな方におススメの記事】
海外在住のままで日本の配偶者ビザを申請したい方
日本での仕事がないけど配偶者ビザを申請したい方

【結論】ビザ申請にはやはり「経済力」は必要です。

f:id:tommysttul:20190330191515j:plain

日本だけではありません、どの国でもビザを出してもらうには「お金」が大事です。

繰り返し書いていますが、日本という国が配偶者ビザ発給にあたり重要視するのは、

◆偽装結婚ではない

◆自分たちの力で(国に迷惑をかけずに)生活をしていくことができる

この2つを確実に証明する必要があります。

1つ目の「偽装結婚ではない」というものは質問書にある「結婚までの経緯」等で証明していきますが、2つ目の収入証明に関しては下記の3つで証明することになるかと思います。

  1. 日本人配偶者、外国人配偶者どちらかが日本で一定収入がある
  2. 保証人となる人が収入がある、もしくは、財産がある
  3. 夫婦自体に財産(貯金)がある

①日本人配偶者、外国人配偶者どちらかが日本で一定収入がある

これが一番理想的ですね。

しかし、海外在住のままの申請ではこれは不可能です。また、日本のビザが出てから働き始める方はまだ収入の保証はありません。

日本で出会って、日本人配偶者が日本に先に住んでいる場合には仕事をしているというパターンが一般的でしょうから、特に問題ないと思います。

➁保証人となる家族が収入がある、もしくは財産がある

日本での仕事がない、もしくはこれから仕事を始めるという人は保証人になってくれる家族に経済力があった方が心強いかと思います。

結局、保証人に経済力があれば何かあっても保証人を頼ればいいというわけです。

なので、保証人になってくれる人の経済力を証明するものを一緒に提出すればいいと思います。ただ、私たちの場合、保証人になってくれる母も無職であり、保証人として立てるには無理がありました。

だからか、ずっと日本の配偶者ビザ申請ができないのではないかと思っていました。

 ➂「夫婦自体に財産(貯金)がある」これが許可がもらえた理由です。

実は、幸いなことに私たちは夫婦はこれで乗り切りました。

海外在住のままビザ申請をしたい(=納税証明書が出せない)と言った時に入管の人に言われたものが下記でした。

・日本口座、海外口座の残高証明

・海外口座を大まかに日本円で計算したもの

「保証人の収入を証明してください」みたいな話はされず、上記を出してくださいとしか言われませんでした。私自身が保証人の話を出してないからかもしれませんが。

ちなみここで、「残高はどれぐらいあればいいですか?」という質問はしてません。たぶん、答えてはくれないだろうと思ったからです。

そういった情報を知っているのがビザ申請に精通した行政書士らしいですよ。

私たちは、義母のおかげでそれなりの預金があったのでこれでOKでした。そのおかげで保証人となった母の財産を証明する書類を出さなくて済んだのかもしれません。

でも、さがすがに入管から質問されました!

韓国での仕事については今までやってきた仕事を、
日本での仕事はとりあえず適当に答えました。

とは言え、私自身は元看護師なので、病院で働きまーすなんていう思ってもないことも言ったわけですがw

質問はされましたが、追加で要求された書類はありませんでした。

写真は再提出しましたけどね。

旦那の写真がパスポート更新した時の写真と同じ写真を提出したところ、パスポート更新自体が6か月以上前の写真だったので、再提出を求められました。

それ以外に追加で要求された書類等はありませんでした。これについても調べていくと追加で書類を提出するパターンよりは言われる前にできるかぎりの書類を出しておくという人が多かったように思います。

とは言え、自分からできる限りの書類と言えば、「収入・財産の証明」もしくは「結婚までの経緯・写真」くらいなので思ったよりも提出するものは少ないんですけどね。

まとめ:「自分たちの力で生きていけます」を全力で証明するのが大事かも!

収入証明に関してはこれに尽きると思います。

そう考えると

・日本で仕事があるうちにビザの申請をする

・保証人になってくれそうな家族に収入があるうちにビザの申請をする

・自分たちに財産がある時にビザの申請をする

というのが一つのタイミングかもしれないなと思いました。

私たちも自分たちに財産があるうちに申請したわけですし。

とは言え、色々調べてみると保証人の収入や職業が安定していなくても、とりあえず収入や財産を証明できるものをたくさん出しておいたところ、ビザが下りたという人も見かけました。

大まかな収入や経済面の基準というものが公開されていないので、結局のところは入管のみぞ知るということかと思います。

将来にでも日本のビザ申請を考えている方は今から少しずつ対策しておくのがいいかもしれません。

また繰り返し言いますが、どうしても確実にビザが欲しければお金を払って行政書士に依頼するのが良いかと思います。そのあたりのプロですから情報もたくさん持っているらしいですよ。