Inakalog
My Old House & Country Life
with My Husband
In Miyazaki
田舎暮らし

【日本へ移住】海外在住でも日本の地方移住支援制度は使えるよ!

f:id:tommysttul:20181120223856j:image

こんにちは、トミヨです。

昨日は韓国の永住権の申請のお話しを書いたんですが、今日はその逆で日本の田舎への移住のお話しです。

先日、どこに移住をするのか?というお話しを書きました。

【田舎移住】日韓夫婦、日本の田舎、どこへ住もう?? ビール飲みまくって、顔がむくみまくっている、トミヨです。 健康にはめっちゃ悪いけど、でも幸せだからOカロリーという曲がりに...

結局、今もまだ何にも決めてないんですけど、実はその前にも移住先を見に行ってました。そして、土地まで見に行きました。

今回はその時のことについて書きたいと思います。

地方移住を希望するならチェック!「空き家バンク」

f:id:tommysttul:20181119200711j:plain

韓国在住ではありますが、私は日本の番組を結構見てます。

今年の初めだったかな?ふと見た日本の番組で「空き家バンク」というサイトを知りました。

空き家バンクとは?

空き家バンクのサイトに入ってもらえれば分かるかと思いますが、

全国の空き家情報や空き地情報が掲載されているサイトです。

その他、田舎の暮らしとか情報がありますが、全国的でとっても大まかな地方移住の情報が載っていると考えればいいかと思います。

空き家情報を掲載するのは自治体

このサイトにアクセスする人の多く(私も含めて)は、空き家情報かと思います。

なんですが、この空き家情報や空き地情報をサイトに掲載しているのは地方自治体が主体となっています。

なので、移住者を支援に力を入れている自治体であれば情報がたくさんありますし、移住者支援に力を入れていない自治体の情報はないと言っても過言ではありません。

ちなみに私が希望する宮崎の場合、この空き家バンクのサイトには5つくらいの自治体の情報しかありません。

行きたい地方自治体があるなら、その県や地方自治体のサイトがよいかも。

私もこの記事を書きながら、また色々調べたところ、空き家バンクよりも、地方自治体の移住者のためのサイトの方が情報が豊富でした。

(特に宮崎はww)

空き家バンクには宮崎県内でも5つくらいの自治体の空き家情報しかなかったのですが、宮崎県のサイトには5つ以上の自治体がありました。

なので、行きたい地方自治体や県があるのなら、そこを調べてみるのがいいかもしれません。

空き家バンクを利用して、空き家の見学をしてみたら?

空き家バングにある物件(というか土地)を見に行ける機会があったので、前々から気になっていた土地を見にいくことにしました。

見学をしたこと自体はとても良かったですし、海外在住でもいろいろ支援を受けれました。

空き家を見学するには自治体への問い合わせが必要

この空き家バンクの制度は地主さんと土地を買いたい人を仲介してくれるのが地方自治体という仕組みのようです。

なので、空き家を見学するには当然のごとく地主さんや持ち主の許可が必要であり、詳細な住所等も必要なので、

つまるところ仲介してくれる地方自治体に連絡をするしかありません。

海外在住なので、国際電話&メールを利用

日本国内在住であれば、連絡のやりとりもスムーズに行くかもしれませんが、海外在住となると、連絡さえも難しいですね。

特に電話は国際電話になるので、電話1本かけるのもできるだけ短い時間で終わらせるようにしたり。

私は最初に自治体の担当部署に電話をかけました。

その後にメールアドレスを伝えていたので、電話に出た担当者の方からメールが来ました。それ以降はずっとメールでのやりとりでした。

地主さんとの連絡が取れない(泣)

自治体の担当者さんとメールでやりとりをし、私たちが希望する土地の方の連絡先を教えてもらいました。

原則的には希望者と地主が直接連絡を取り合うらしいんですけど、なんせ国際電話。

地主さんが電話に出ない(笑)

結局は、自治体の担当者さんに連絡を取ってもらいました。

海外在住はこういうのが不便ですね・・・。

事前に日程を伝えて、街を案内してもえました。

見学に行くにも地主さんとの日程調整もあったりしたので、事前に訪問する日を伝えておきました。

見たい土地が1つしかなかったのもありますが、その街の車で案内してもらえました。

その街の中でも繁華街や住宅街、人があまり住んでいない地域ありますよね?

そういう情報はやはりその土地の人しか分からないので、車で周りながらそういった情報を教えてもらいました!

支援金を受け取れます!

本当は気になる土地だけを見ようとしたのですが、私の行った自治体は移住を希望する人がその街に訪問、宿泊する時には支援金をもらえる制度がありました。

私が使えたのは、

○宿泊費の一部を支援

○レンタカー代の一部を支援

でした。

紹介はされたんですけど、なんせ日も迫っていたので諦めていましたが、自治体側からぜひ使ってくださいとのことで、手続きをしました。

手続きまではよかったんですけど、海外在住だと大変なこともありました。

日本の口座が必要

当たり前ですけど、お金は日本円でしかもらうことができないので、日本の口座が必要です。

私は日本の口座を持っているので大丈夫ですが、長い間、海外で住んでいる方で、日本の口座がないと支援金を受け取れない可能性もありますね。

日本の身分証明が必要&外国人は難しい><

それから、ちょっと大変だったのは支援金を受けるのが2人まで可能でした。

そして、支援金を受ける2人ともの日本の身分証明書(運転免許証とか)が必要でした。

夫は日本の身分証がないので、この時は支援を受けられませんでした。

その代わり、母も一緒に行ったので母の身分証を提出して、私と母が支援を受けたという形にしました。その他にも日本の住所を記入したりと、日本国内に助けてくれる人がいないとちょっと大変かも・・・という感じは受けました。

まとめ:使えるべきものは使うべし!

住みかを移すって基本、大変ですし、お金もかかります。

ですので、使える支援は今後も使うというのは大切だと思います。